買い換えるか、インクを買うか

個人でもそうですが、企業という単位においてはコストの面を考えることは非常に大切なことであると言えます。コストを度外視した運用をすると、どこかで無駄が発生してしまいますし、企業にとって損失となってしまいます。

それを避けるために、プリンターなどのコストを考えることが必要となります。私達が個人で用いる分には、そこまで多くの頻度では使わないかもしれません。現代は、様々な書類がペーパーレスでやり取りされます。しかしそんな時代だからこそ、紙媒体の印刷にかかるコストはできるだけ削減したい、と思うかもしれません。それは、リサイクルトナーを活用することによって、可能です。

しかし、リサイクルトナーには、デメリットもあります。それは、印刷の質の面では、大抵純正には劣るという面、そして、リサイクルトナーの使用によるプリンターの故障が発生した際、保障対象外になる可能性が高い、ということです。リサイクルトナーは、再生用品を用いていますので、特に写真印刷など、精細さや色彩、保存性が求められる場面では、純正のトナーよりも質はたいてい劣ります。そういった面について、妥協が出来ない場合は、リサイクルトナーの使用は避けるべきかもしれません。