どのくらい節約になるか

コストパフォーマンスを考える時は、自分が投資する額に対してどのくらいの見返りを受けることができるかについて計算する必要がありますが、プリンターの場合、一回交換するたびにどのくらい枚数が印刷出来るかという点が重要です。

しかし、なぜそこまでコストパフォーマンスのことを考える必要があるのでしょうか。これは、『純正』のインクと、『リサイクルトナー』には、大きな価格差がある、という点が重要です。そのプリンター専用のインクとして販売されているものは、一回分を揃えるだけで、4000円から5000円かかることがあります。もっと高くなる場合もあります。

一度にそのくらいの出費をするのであれば、やはりできるだけ多くの枚数を印刷できるのか、と思われるかもしれませんが、インクをどのくらい利用するかはインクの質に依存しませんので、この場合、単価自体が安い『リサイクルトナー』を用いることによって、必然的に一枚当たりにかかるコストが安くなります。

性能やタイプによって価格に差はありますが、一般的にリサイクルトナーは純正のものと比べて半分以下の価格で購入できることもあります。コストのことを考えたとき、リサイクルトナーを用いる方が良いと言えます。